浪人生の夏前までの勉強について | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 6月 5日 浪人生の夏前までの勉強について

こんにちは。東進ハイスクール新宿本科校で担任助手をしている青木寧々です。昨年に引き続き今年も今月から担任助手ブログを更新していこうと思います。

 

今月は自己紹介と浪人生の夏前までの勉強について各自紹介していきます。よろしくお願いします。

 

【自己紹介】

私は東京大学教育学部の4年生です。桜蔭高校を卒業後、本校舎で浪人し東京大学文科三類に入学しました。担任助手は1年生の時からやっています。

 

新しいことに挑戦するのが好き(といえば聞こえはいいですがかなり飽き性)で、1年生の時にバトミントンサークル、2年生の時にオンラインサロンに入るなどしていました。

 

今は保育園児の自然教育をテーマに卒論を書こうとしている段階です。

 

【夏前までの勉強】

私は夏前までは基礎固め完了、夏からは発展的な内容や過去問演習中心という予定を立てていました。

 

そのため、基礎的な内容の映像授業や単語帳・高速マスターなどを中心に学習計画を立てていました。これらは、すべて一瞬で解ける・思い出せるレベルになるまで繰り返し復習しました。

 

加えて、志望校別クラスに分かれたライブ授業も受講していました。映像授業と比べると難易度は高かったですが、宿題や演習時間などを使って上記で学習した基礎を身についているか確認したり、自分が志望校のレベルと比較して何が足りないのか確認したりする場として活用していました。

 

また、どんな教材をやるにしろ、その時間が無駄にならないように、内容をただ理解するだけではなく、できるようになるまで徹底して復習するようにしていました。復習することと基礎をなるべく早く一通り終えること、どちらか一方に偏るのではなく、両方を意識してこなしていました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

 

青木寧々