演習の復習方法 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 8月 7日 演習の復習方法

こんにちは!担任助手2年の稲田です!

 

長い梅雨が明け、8月に入り、いよいよ夏本番といったところでしょうか

 

これから、あるいは、もう少ししたら、演習に取り組んでいくという人も多いと思います

前回のブログでは、授業の予習について話させて頂きましたが

今回は自分が浪人中に行っていた演習の復習方法についてお話したいと思います。

 

受験生の方々の中には、間違えた問題だけ解く人や、ただもう一度通して解く人もいるかもしれません。実際、自分も高校生のころに、そのような復習の方法を行っていた時期もありました。しかし、自分は、その方法で成績はあまり伸びず、効果的な復習方法ではないと思っています。

 

間違えてしまった問題に対しては、解けなかった理由を考え、解答、解説、参考書等で確認し、自信をもって解答できるようにする。

これはほとんどの人ができていることだと思います

 

では、正解した問題の復習は行っていますか?

単語や文法などにある、ただ知っているか知らないかを問われているような問題はさておき、根拠をもって解答する必要がある問題を、なんとなくで当ててしまった時、その問題の復習をどのようにしていますか?

 

記述式で言えば、どうしてその解法で良いのか、その解答の元となる部分は本文のどこにあり、どうしてそれが解答になり得るのか、

選択式で言えば、どうしてその選択肢が正解で、他の選択肢が間違っているか

そういった根拠となる部分を説明できるようにならなければ、

初見の問題に対する力はつかないと思っています

 

解けたということは、ただ正解したということではなく、根拠をもって答えることができた、と考えるべきだと思っています。

 

復習方法について、いくつか例を挙げて説明することで、該当した方もそうでない方も、今一度日々の学習における復習について考え直す契機になればいいなと思い、このブログを書かせてもらいました

 

外は暑いですが、扇風機やクーラーを入れ、水分をしっかりとって、体調を崩さないようにしましょう。