状況の変化だけでは、人は変われない | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2019年 8月 2日 状況の変化だけでは、人は変われない

こんにちは。東京大学教育学部3年の青木寧々です。

 

先日、堀江貴文(通称:ホリエモン)が一冊の本を出版しました。

本の名は『ハッタリの流儀』、表紙には「到底、手に負えないことを『できる』とカマす者だけが最速でチャンスをつかむ!」と書かれています。7/30現在、amazonランキングで4位にランクインする売れ筋の本です。

私はこの本がこんなに売れていることが怖くてたまりません。

本自体を批判するわけではありません。

確かに『できる』とカマせば、自分を必然的に努力せざるを得ない状況に追い込むことはできます。

 

しかし、大切なのはその後です。

 

覚悟を決め、努力ができ、結果を出せるか…

それは、全て自分次第です。

状況の変化なんてはあくまで二の次。

状況が変わっても、努力できる人はできるし、できない人はできない。

状況を変えれば自分も変えられるなんて甘い話はありません。

状況が変わったら自分が変わるんじゃない。自分が変わるから状況が変わるんです。

模試で結果が出せない、でも頑張りきれない、つらい、なんで自分が…、と心が折れそうになった時、「あの時は〇〇だったから…」と言い訳したり周囲の状況のせいにしたりするのはむしろ遠回りです。

言葉も、状況も、行動に先行することはありません。行動しなきゃ何も変わらない。

今すぐ行動しましょう。

 

自戒も込めて、今回はこの辺にしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。