緊張は努力の証 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 10月 14日 緊張は努力の証

こんにちは、担任助手1年の隅野です。

だんだんと寒くなって、上着が必要になるシーズンがやってきましたね。体調も崩しやすくなるので、これまで以上に手洗いうがいやマスク、睡眠時間の確保など体調管理を徹底していきましょう。

さて、共通テストまであと100日を切り、過去問演習が進む中、いよいよ受験本番を意識し始める人が増えてきたのではないでしょうか。

私自身、去年の秋ごろ、センター試験の本番を想像し、震えが止まらなくなってしまった日がありました。緊張しいな性格ではなく、現役の時は「やっとセンターから解放される!」とむしろ前向きな気持ちで受けていたぐらいだったので、まだ数か月あるにも関わらず震えている自分にとても驚いたのを覚えています。

ですが今振り返って考えると、震えるほど緊張したのは自分なりに精一杯努力したからではないかと思います。

頑張ってきたからこそ、結果が出なかったときを想像して緊張することができます。一か八か、ダメ元で挑む人はリラックスできてしまいます。

いま緊張で押しつぶされそうになっている人は、緊張できていること、緊張するまで頑張ってこられたことを誇りに思ってほしいです。

そしてそんな人には、いい結果が出すことができても、失敗してしまっても、きっとやり切った達成感が残ると思います。

もう(おそらく)二度とない受験生活を悔いなく終わらせることができるように、緊張できるほど頑張っていきましょう!

 

最新記事一覧

過去の記事