自分のモチベーションの上げ方 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2019年 5月 22日 自分のモチベーションの上げ方

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

正直通じないのでそろそろ阿波弁を直そうか迷っている天羽淳椰です。

でも直しません(笑)

誇りをもって使わせていただきます。

今年、早稲田大学教育学部理学科地球科学専修に入学しました。

 

皆さんは浪人生活を始めてそろそろ2ヶ月といったところでしょうか。

 

勉強は順調ですか?

4月当初から比べるといい感じに進んでいますか?

 

浪人生で1年間という時間があるので、その時間をフルに使うのは理想ですが、なかなか厳しいこともあると思います。

自分は浪人生のころ、やはり息抜きが必要だったので、結構日曜日は自分の家でいたり、出かけていたりしました。

それが自分にとって一番の選択であったとはあまり思いませんが、やはり振り返ってみると、浪人生活においてなくてはならないことだったと思います。

 

具体的に何をしていたのかというと、

 

家では寝ていました。

特にこだわりはありません。

一週間の疲れを残さないように全力で寝ていました。

 

寝る話はさておき、日曜日の過ごし方で自分がよかったなあと思うのは、やはり遊びに出かけたことです。

浪人生なのに遊ぶなよって思う方もいらっしゃるでしょうが、何もやみくもに遊んでいたわけではありません。

僕は高校まで徳島でいたので、東京に来て遊ぶ友達はほとんどいませんでした。浪人時代は一回だけ友達とご飯に行っただけです。

 

じゃあ一人で遊んでいたのかというとそうでもありません。親にいろいろなところに連れて行ってもらいました。

具体的にどこに行ったかを今回は1つ紹介したいと思います。

 

1つ目は、お台場にあるチームラボボーダレスです。名前の通り、境界のない、つまり、行き止まりのないアート作品があります。作品の詳細は割愛させてもらいますが、自分はそこに行って何を思ったのかというと、

 

なぜ、この作品は、こんなにも自分そしてみんなを感動させるものなのだろう。

この感動は作者に仕組まれたものなのだろうか。

 

と感じたのです。あまりにもすごすぎて、この人を魅了するすごさには科学的根拠があるのか、何が人を魅了するのかという疑問に達しました。会場で代表取締役の猪子さんを探したくらいです(笑)

そんなこんなで、僕は脳の仕組みや人の心理に興味を持ちました。

 

そこで、自分は志望校を東京工業大学生命理工学院に変更しました。

その目標はかないませんでしたが(笑)

でもそれでもある程度納得するところへ行けたことは高い志とモチベーションをもって取り組んでいけたからだと思います。

 

皆さんもやる気を出したいときに、自分のモチベーションが上がる所や自分の興味のある所へ行ってみてはどうでしょうか。

 

少し長くなりましたが、ご精読ありがとうございました。