過去問演習の前にやること | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2020年 7月 18日 過去問演習の前にやること

《自己紹介と大学紹介》

 

初めまして!杏林大学医学部医学科1年の三村です!

 

「杏林大学」と聞いて、もしかしたら知らない人がいるかもしれません。

 

杏林大学は東京都三鷹市に在り、学部は医療系と外国語系に分かれています。

 

外国語系学部のある井の頭キャンパスはあのハーバード大学をモデルに作られた校舎がとても立派で、どこかで見たことがある人もいるかもしれません。

 

私の在籍する医学部医学科を含む医療系学部は杏林大学病院に隣接する三鷹キャンパスにあります。

 

本当であればどんな環境で授業を行なっているかなど医学部志望の方に有益な情報をお伝えしたいのですが、、、

 

新型コロナウイルス感染症の影響で大学に通えていないので、またの機会にしようと思います。

 

 

《夏までの勉強について》

 

浪人し始めてから約3ヶ月経ちましたね。

 

つまり「受験の天王山」と言われるがどんどん近づいています。

 

では、残された期間でどういうことに気を付けて勉強を進めていけばいいかをお話します。

 

現段階の本科生の目標は「8/31までに過去問10年分を解く」です。

 

しかし、この目標を達成するために映像授業をとりあえず速く進めて過去問演習に入る、というのは間違っています。

 

大切なのは、網羅的な内容の映像授業、つまり「基礎」を夏までに固めておくことです。

 

これを疎かにしたまま過去問演習に入っても、分析が役に立たず、伸び悩んでしまうと思います。

 

そうならないように、あとで後悔しないように今!頑張りましょう。

 

大学と自分の距離がイマイチ掴めず、基礎を積み重ねる日々。

 

正直、この時期が一番辛いと思います。

 

ですから、何か1つでもいいので楽しみを見つけて、楽しく浪人しましょう!

 

(私は週1のグループ面談と毎週日曜日に録画したテレビを見ることを楽しみに頑張りました!笑笑)