2019年度 担任助手 自己紹介・・・小川先生 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2019年 5月 12日 2019年度 担任助手 自己紹介・・・小川先生

こんにちは。東京大学教育学部3年の小川です。
ついこの間浪人生活を送っていたはずなのに、気がついたら3年生になってしまっていました。時の流れの早さにただただ怯える毎日です。
大学では教育哲学を専攻しています。非常にざっくりいうと「教育はどうあるべきか」なんてことを考えているわけですね。
そんな僕は近代の学校制度を超えた学びのあり方の実現に寄与したいと考えています。
具体的には、現状の様々なオルタナティブ教育が教育としての公平性を保ちながら効果を発揮し、学びの多様な形が受け入れられるような社会の実現に携わりたいってわけです。
最近はそのためのアプローチについてずっと悩んでいます。キャリアが決まりません。困りきっています。
浪人時代は客観的に自分を見ることをずっと考えていました。要するに、「もし自分が自分自身の家庭教師なら、どうやって指導しようかな」と思い続けていました。これ、けっこう大事なことだと思います。
浪人時代は依存的にならず、環境を利用して自分で学びきった人間がうまく成長しているように思います。参考までに。
生徒の皆さんは、大学生活を楽しむためにも、浪人生活で精一杯学ぶ力を鍛えましょう。思うがままに遊びたいなら、思うがままに学びたいなら、今、学びましょう。