過去問演習のスリーステップ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ

2018年 10月 5日 過去問演習のスリーステップ

こんにちは、東京工業大学3年の後岡です。

 

季節の変わり目でだんだんと涼しくなってきましたね。

体調にお気を付けください。

 

さて、今回は過去問をどう活用するかについて書こうと思います。

 

まずは、解く。

 

私はできる限り本番に近い形で解いていました。

例えば、本番で午前中に実施されるものは午前中に解いたり、仕切られているブース席でなくひらけている教室で解いたり。

そして当たり前のことですが、集中して解くこと。本番だったらどうするか、ということを念頭に置いて解くといいと思います。

 

続いて、復習。

 

「1度見た問題は、今後絶対落とさない」これが復習における重要なポイントです。

間違えた問題はもちろんですが、正解していた問題の解説も必ず読みましょう。知識の確認ができますし、もしかしたら新しい発見があるかもしれません。

私は、間違えた問題に関しては解きなおしていました。正解した問題も解きたかったのですが、本番までの残り時間を考えたときに、省略せざるを得ませんでした。合格するために今何をすべきかを考えながら勉強しましょう

 

そして、2回目を解く。

 

1回目の復習から最低でも1週間はあけて解きましょう。復習がしっかりできているなら自ずと満点です。ただ、これがなかなか難しかったりします。詰めの甘さというやつです。ここで見つけた詰めの余地をしっかり学習しましょう。

 

 

以上が、私がやっていた過去問の活用法です。皆さんもぜひ試してください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

それではまた次回。