12月 | 2019 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2019年12月の記事一覧

2019年 12月 8日 大事なことは3つある。

こんにちは。東京大学2年の蓮池です。今回は12月の学習についてです。

 

12月の勉強で大事なことは、3つあると思っています。

 

○1つ目は逆算を意識して勉強すること

合格のためには何点必要なのか。その点数を取るためにどこでどのように点を稼ぐべきか。それを実現するのに、何が足りていなくて、どのような学習が必要なのか。これらを意識して、次の項目である、計画設計を行いましょう。

 

○2つ目は綿密な学習計画をたてることです。

確かに、計画性のない学習というのも時には大事だったりします。数学の問題1問を1日中かけて考えたり、世界史の大論述を書くのに何冊も本を読んだり、悩んで悩みぬくという経験は必要(だと僕は思っています笑)。しかし、12月は受験直前期です。受験までの時間が極めて少ないということです。受験勉強を通じてアカデミックな耐久力を養うということは、まあ恐らく大学の先生方も意図しておられないことはないとは思いますが、受験生にとって目先の最重要課題が「得点最大化」であることに間違いはないわけで、そのために直前期は学習効率というものを重要視すべきであろうと思います。そのための、計画です。

 

僕は受験生時代、毎週日曜日に2時間くらいたっぷり時間をかけて、10分、15分単位で次の一週間のスケジュールを綿密に作りこみました。計画のうちここでこういうアクシデントが起きるかもしれないということまで考慮し、プランB、プランCのようなものまで想定しました。あとは、それをひたすら実行する。実行することのみに全力を注ぎました。

 

例えば、その週の木曜日の午前18時~18時45分で数学の問題を3問(これも何を解くか計画を立てる段階で決めておきます。例えば某問題集の85、120、160など)解き、19時までの15分で答え合わせ・課題抽象化を行うと予め決めておきます。そこから10分休憩すると計画に記しておく。そうすると万が一15分で答え合わせが上手くいかなくてもその10分で調整できます。

 

○3つ目は集中して勉強することです。

集中するとは、実は難しいことです。「この問題集でいいのかな」「まだ合格点取れてないな」「本当に合格できるのかな」このようなことを勉強中に考えるのは、はっきり言って無駄です。勉強効率を下げるだけです。勉強中は、変な言い方になりますが、頭を使わないでください。「解く→課題分析→解決」このプロセスだけです。簡単。何も難しくありません。このプロセスに含まれない思考はしないでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。くれぐれも風邪をひかないように。手洗いうがい、消毒、睡眠、etc. 出来る限りの予防策を徹底しましょう。

2019年 12月 6日 基礎が重要だと、難関大が教えてくれます

 こんにちは!2年の下崎です。だんだん寒くなってきましたね。体調管理には十分気を付けてください。

 

 さて、今回はこの時期の学習内容について書いていこうと思います。

 

まずは2次・私大の過去問です。ただ10年分を解くのではなく、自分の弱点を把握し、克服して行くことが大切です。

 

そして重要なのが基礎の復習です。わかっているつもりでも模試や入試本番でド忘れしてしまうことがあります。また、難しい問題ほど基礎の考え方をきちんと理解していないと解けないものが多いです。

 

私はこの時期、授業のテキストの復習を繰り返ししていました。確認テストや修判テストのための復習だけだと身についているとは言い難いです。何度も見返すことで定着していきます。例えば、早稲田の古文は古文常識のようなものを知っていれば解けるという問題が多々出題されますが、富井先生の「ビジュアル古文和歌編と古文常識編」で習った知識で正解を導くことができました。そんなことやっている暇はないと思う方もいるかもしれませんが、一見無駄な事でもコツコツつづけた方が逆に近道だと思います。

 

もう一つはセンター対策です。確かにセンター過去問を解くだけというのはおすすめできません。しかし、解かなくて良いかというと、そうではありません。センターは基礎的な問題が多いので今間違えるということはその範囲を早急に見直す必要があると言えます。また、センター利用で合格しておくと2次・私大までの心の持ちようが全然違ってきます。そのため、センター対策は重要です。

 

 

入試本番まであと残りわずかですが、まだまだやるべきことはたくさんあります。計画をきちんと立てて最後までがんばってください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

2019年 12月 4日 ハッピーエンドの主人公になる

こんにちは。東京工業大学4年の後岡です。

 

早いもので、2019年も終わろうとしています。つまり、入試本番がすぐそこまで迫っている状況です。勉強がものすごーくうまくいっている人を除いて、多くの人は緊張が日に日に増しているのではないでしょうか。中には、緊張に耐えられず勉強に手がつかないなんて人もいるかと思います。

今回はそんな人たちに向けた記事になっています。

 

成功している人や絶好調な人は、メンタルがしっかりしている。そんなイメージを私は持っていました。しかしある雑誌を読んで新たな発見がありました。

実際、めちゃくちゃ強いメンタルを持っている人も中にはいるのですが、その人たちは少数派のようです。大多数の人は、メンタルがやられないための方法を持っているそうです。

 

では、その方法とは何か。その雑誌の内容を私なりに要約すると、

「ハッピーエンドの物語の、主人公になる」

というものです。

 

ハッピーエンドの物語の主人公って、最初から最後まで右肩上がりかといわれると、そうではない場合が多いです。大概は、途中で試練があったり挫折したり悲劇があったり、なんらかのマイナスのイベントがあると思います。

しかし!!!それらを乗り越えて、最後にはハッピーです。

 

今、うまくいってない時間を過ごしている人、その時間はハッピーエンドの物語におけるスパイスです。

捉え方は様々ですが、

「合格への試練だ!」「今逃げたら主人公じゃないな」「合格して、笑いのネタにしよう」

などと思える出来事にしてしまいましょう。

 

その雑誌には、有名なドキュメンタリー番組の主人公になった気分で不調を乗り切る人が紹介されていました。隣のディレクターの「今日の調子は、、?」という問いに対し「、、だめだめです」とちょっとカッコいい風に答える自分。そんな設定を作っているようです。

 

上記で紹介した方法は、メンタルがやられずポジティブになれる、素晴らしい方法だと思います。

しかし、これはあくまで応急処置です。

うまくいっていない原因を見つけ、分析し、解決策を考え、実行。これが根本的な解決策です。

 

とはいえ、メンタルがぼろぼろの時は、うまくいっていない原因を見つけることすら難しいかもしれません。

まずはメンタルを正常に戻し、ポジティブになってから、取り組むのもアリだと思います。

 

泣いても笑ってもほんとにあと少し。あと少しなのだから、死ぬ気で勉強してみてはどうでしょうか。100%、いや120%の力で。僕も全力で応援しています。

 

2019年 12月 1日 考える時間を大切に

お久しぶりです。今回のブログを担当します、東京大学教育学部3年生の青木寧々です。

いよいよ今年も残り一ヶ月を切りましたが、そんな直前期のメンタルの保ち方について話したいと思います。私は大学受験をしてから3年経ってしまいましたが、今でも就活や試験前に行なっていることなので参考にしていただけたら幸いです。

 そもそも「メンタルの保ち方」が必要になる、メンタルに問題がある人とはどういう人なのか考えてみると大きく二つに分かれると私は考えています。

 それは自身の課題や不安について必要以上に考えすぎてしまう人考えなさすぎる人です。前者はよく問題視されますが、同時に後者も自分の課題や不安の自己処理から逃げ、本番で急に緊張したり今後人生において通用しなくなったりするという点でリスクがあり問題であると言えます。

 そう考えた上で、私のメンタルの保ち方として、朝の通学時間を考える時間と定めるということをおすすめします。ネガティブな考えに陥りがちな夜を避け、日中勉強に向かう前、考えを整理することが勉強の効率化になると思うからです。

 実際、直前に迫っているセンター試験は、日中悩んでいる暇はありませんし、ましてや試験後に試験を回顧して悩むことは効率が悪いことです。朝、会場に向かいながら様々な思いを整理し試験に集中する、本番ですべきことを日々練習することは間違っていないことだと思います。

 冷え込みの厳しい朝ですが、是非思考を整理する時間として有効活用してほしいと思います。

 皆様の参考になれば幸いです。

 

担任助手 青木

123