ブログ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 

2017年 9月 22日 問題演習の意義

こんにちは。本日のブログは早稲田大学法学部2年の井尻が担当します。

 

9月も後半になり、受験も折り返し地点に差し掛かりました。これまで基礎を固めることに注力してきた人の中には、「そろそろ過去問やらなきゃなー」といったように漠然と考えている人もいるかと思います。

 

しかし、演習を行う理由を理解しないままに、闇雲に問題を解いてもあまり効果的ではありません。

 

そこで今回は、なぜ演習が必要なのかについて、私が考える理由の一つを書きたいと思います。

 

テキストや参考書では何度も反復したはずなのに、模試の成績が伴わないといった経験はありませんか? このように、初見の問題で問われ方が変わると対応できなくなるということは、理解の深さが不十分であることが原因です。

 

「見たことがある状態(理解していると錯覚している状態)」「理解している状態」はまったく異なるものですが、それを自分で判断するのは簡単ではありません。現状と理想の間にあるズレを知り、「理解している状態」に近づけていくことが問題演習を行う理由の一つなのです。

 

ただし、先程書いた通り、ひたすら演習を繰り返せば成績が伸びるというような単純なものではありません。「演習→分析→課題の改善」というサイクルを繰り返していくことこそが重要なのです。

 

今回は、演習を行うべき理由について書きましたが、その正解は一つではありません。受験生の皆さんも、何のために演習をするのかを今一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、志望校合格に向けて、引き続き頑張ってください!

2017年 9月 19日 数学における基礎固めについて

こんにちは

 

今日のブログを担当します、一橋大学法学部1年の佐々木です。

 

今回のブログではタイトルにある通り、「数学の基礎固め」について話していこうと思います。

 

前回のブログでも書いたかもしれませんが、僕は受験期時代、数学が大の苦手でした。

 

 

ですが、自分は数学が苦手であることをしっかり自覚し、やるべきことを明確にして勉強し続けた結果、一橋の2次試験本番では5問の問題のうち4問弱を完答することができました。一橋は1日目に数学があるのですが、数学が終わった時点で合格を確信していた思い出があります。

 

(過去の自慢話は置いといて…)ここからは、何をどのように勉強していたか、具体的に書いていこうと思います。

 

まず、僕の浪人期の数学の勉強時間は約4時間半でした(センター試験直前期はさすがに他教科に時間を当てていましたが)。これを前提にした上で、ここからの文章を読んでいただけると幸いです。

 

前半期(4月~8月末)は、主に講座の受講をやっていました。これに関しては、今ブログを読んでいるみなさんにとっては過ぎ去ってしまった時期なので割愛させてもらいます。

 

現役生も浪人生も9月あたりからは演習の時期に入ってくると思います。この考えは間違っていません。ですが、ここで重要なのは、基礎的な問題を解くことも習慣化させておく、ということです。

 

具体的には、僕は前半期に数学ぐんぐん基本編を受講していたので、朝登校したら、まずぐんぐん基本編の問題を1講ずつ解いて復習していました。また、ぐんぐんではカバーしきれていない範囲があると考えたので、ぐんぐんを1通り解き終わった後東進ブックスのTYPE100という問題集も1通り解くようにしていました。TYPE100は1日5~7ページずつ解くという感じだったと思います。つまり、ぐんぐんを20講分→TYPE100を1冊→ぐんぐんを20構分というサイクルです。だいたいこれをやる時間は1時間程度だったと思います(朝のエクササイズ的なものにするといいかもしれません)。

 

 

ぐんぐん基本編やTYPE100程度の問題は問題を見た瞬間に解法が思い浮かぶレベルにしておくこと大事です。特にこれは数学が苦手な人ほど当てはまると思います。

 

 

例えて言うなら、英単語を毎日やるように数学の基本問題も毎日やるという感じですね。英単語ってやらないとどんどん忘れていって、英文を読むのが遅くなってしまうじゃないですか。それは数学の基本問題を解くことにも言えることなのではないかと僕は思っています。

 

とにかく、毎日続けることが大切です。(特に数学が苦手な人は)頑張ってください。数学から逃げてもいいことありません。めげずにやれば、いつかきっと数学力が上がります。僕も直前2週間前に数学が伸びている実感を得ることができていました。

 

 

それでは、今日のブログはこの辺で終わりにしようと思います(なんか内容薄くてごめんなさい…)。

2017年 9月 17日 過去問のすすめ

こんにちは。本日のブログを担当します、東京大学理科一類1年の松澤です。

 

受験戦争もいよいよ後半戦を迎えました。9月も下旬に差し掛かり、浪人生の皆さんはそろそろ過去問演習メインの学習生活にシフトチェンジしているのではないかと思います。しかし、次のような疑問をもつ人もいるのではないでしょうか。「浪人生が過去問やる意味あるの?」って。

 

浪人生のなかには、現役生だったころに志望校の過去問を何年分も解き、なんだったら問題文や解答まで覚えてしまった人も少なからずいると思います。志望校合格への実力を養成するのが過去問演習の目的ですが、解いたことがある問題を解いてもその目的は果たされないような気がしちゃいますよね。

 

私自身浪人時代に過去問演習を始める前はそのようなことを考えていましたが、実際に演習を進めるなかで一つの意義を見出すに至りました。それは、過去問演習は「基礎力が身についたことの確認の場」であるということです。

 

何を当たり前のことを言っているんだと思われるかもしれません。しかしながら、私は昨年過去問を解いた際、計算のスムーズさ、文構造把握の迷いの無さ、語彙力、背景知識の豊富さ、視点の切り替え、視野の広さ、柔軟性、典型パターンに対する圧倒的自信感、難問に対する初手の選び方など全てが現役時代のそれを遥かに凌いでいたのが実感できました。現役時に苦労した、或いは、難しいから解かなくていいと切り捨てていた問題が、1年経って解き直したら、自分の実力の範囲内でそれほど苦労せず解ける問題であったことがわかりました。

 

もちろん、基礎力がついたからといっていきなり全ての過去問が解けるようになるわけではありませんし、また、スラスラ解けるのは単に初見でないからというのもあるかもしれません。しかし、基礎固めが十分なされる前と後とでは、同じ問題でも見え方が違ってきます。その違いこそ、成長そのものに他ならないのだと思います。皆さんにはその感覚を体験してほしいです。

 

長くなりましたが、まとめると、過去問演習を通じて自分の成長を実感しましょうということです。成長を実感できると、自信にもつながります。4月から積み重ねてきた基礎を自信に変えていってください。

2017年 9月 15日 受験にゲームの○○は必須!!

こんにちは、千葉大学国際教養学部1年の神﨑陸です。

 

夏休み終わって皆さん勉強に対するmotivationはいかがですか?まだまだ行ける!!っという人も多いかと思いますが、単調な模試が続くなか低空飛行をしてる人もいると思います。去年の筆者はまだやる気ありましたけどね。

さて、勉強をゲームと思ってしろ!という何か漠然としたこと言われたことありませんか?私も言われたことがあります。でも、それ言われても勉強するとゲームするの双方の感情、楽しいと楽しくないがかけ離れていてゲーム=勉強にはならないから、そんなこと言われても無理って思った記憶があります。

でも、よくよくゲームの特徴を考えてみたら総じてmotivationが高い人って自然とゲーム化させているんじゃないかと思います。

 

ゲームの特徴

  1. 短期目標と長期目標、そして最終目標がある
  2. それらの目標がをクリアするという達成感がある
  3. レベルがあがっていってより難しい相手と戦える
  4. 仲間やヒントをくれる人がいる
  5. 物語が展開されていく
  6. クリアできるちょうどいい難しさがある
  7. やり直しがきく

パッとあげてこのくらいかな。こう分析していくと、ゲームのようにやれっていうのは、勉強が楽しいっという感情を持とうとするのではなく、ゲームの特徴を勉強の手段へと変遷させろということなのではと考えられます。

目標を持つのはもちろん、クリアする達成感をもつために文字化してクリアできたら文字を塗りつぶすとか、一人で抱え込まず他人に相談するとか(ただし、ゲームの上でも相談しすぎは意味ないよね。同じようなことを言う人の前でAボタン連打はしないし)、ちょうど解けるか解けないかの問題を解くことも大切

ちょうど筆者も去年、1日のやることを手帳に文字化し、やったら文字を塗りつぶして達成感を得て変人のようにニヤニヤしてました。

 

Motivationが低い人、もしくは、高めたい人は、一度ゲームのように勉強しては、いかがてすか?

ただし、やり直しはもう効かないし、制限時間というとものがあるからちゃんと考慮に入れて物語の展開を逆算しないとね

 

ではでは                担任助手 神﨑 陸

2017年 9月 13日 合格を掴む過去問演習

こんにちは、早稲田大学商学部の粕谷です。

 

夏が終わり、9月に突入したということで、皆さんそろそろ過去問演習を始める頃だと思います。

 

今回はどのように過去問演習を行うかについてお話ししたいと思います。

 

まず皆さんは過去問をどのようなものと認識してますか?

 

多くの人が志望校の試験の傾向を掴むためのものと認識してると思います。

 

確かにこの認識は間違っていません。

 

しかしこの認識のまま演習を進めても志望校合格には近づいていきません!

 

なぜならこの認識をしてる人は過去問を解くだけで傾向をつかんだから大丈夫だろうと満足してる可能性が高いからです。

 

僕が思うに、過去問とは「自分ができない問題を視覚化させてくれるもの」です。

 

過去問を解くことで、解ける問題と、解けない、もしくは間違ってしまった問題が一目瞭然となります。

 

非常に短絡的な考えではありますが、この出来なかった問題を一つずつ解ける問題にすることができれば、志望校合格は目の前ではないでしょうか?

 

つまり皆さんは傾向を掴む為に過去問演習を行うのではなく、自分の出来ない問題を視覚化し、その出来ない問題をできる問題にする為に過去問演習を行う必要があります。

 

出来ないを出来るに変える為に、まずは出来なかった問題を紙に書き出してみましょう。(例:英熟語の問題)

 

そして出来なかった理由はなにかを考えて書いてみましょう。(例:その英熟語を知らなかった)

 

 最後にその理由を潰していく為の解決策を考えましょう。(例:毎日英熟語の復習をし、少しずつ難しい英熟語も勉強していく)

 

そしてこの解決策を実行し、もう一度その問題を解いてみましょう。

 

ただ演習を行うのではなく、上記のようにどこが出来なかったか、なぜ出来なかったかを考えながら演習を行っていくことで一歩一歩合格に近づいていくと思います。

 

後半戦はまだ始まったばかりです。

まだまだ逆転できます!

頑張りましょう!