ブログ | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 

2018年 7月 18日 ワールドカップから学ぶ

こんにちは、東京工業大学3年の後岡です。

 

7月も後半に差しかかり、夏を感じられる季節になりましたね。

こまめに水分補給をしましょう。

さてこの暑い中、私にとってアツいイベントがありました。

そうです、ワールドカップです!!!

 

フランスの優勝で幕を閉じたこのワールドカップで、日本代表は下馬評を大きく覆す大活躍を見せてくれました。運も味方につけ予選を突破すると、決勝トーナメント1回戦で強豪ベルギーと激突。アディショナルタイムに被弾し、惜しくも敗退してしまいましたが、その勇姿に日本中が感動したと思います。

 

問題になったのがグループリーグ3戦目のポーランド戦。引き分け以上で自力突破ができた日本は奮闘するも、1点のビハインドを負ったまま残り5分を迎えます。同時刻に開催されていた、同じグループのコロンビアとセネガルの試合結果によってはこの点差のまま負けても突破できる日本は、ゴールを狙わず自陣でボールを回し時間を消費しました。

結果、日本は突破できたのですが、攻めの姿勢を見せず退屈なプレーをし、他力本願になってしまったことで批判もありました。

確かに、ゴールを狙ったほうが観客としては面白いです。しかし失点のリスクも大きくなります。

失点し点差が2点に広がれば突破はかなり厳しくなるあの状況で、日本の西野監督は結果を求め、突破の可能性が高い、「攻めない」という選択をしました。

 

この決断は、結果を重視したものです。

結果が良ければ何でもしていいのか!という言葉が聞こえてきそうですが、決勝トーナメントに進出したもの勝ちだと、私は思います。

これは、受験においても同じことが言えるでしょう。

受験において一番欲しい結果は何か。

それは第一志望に合格することです。

究極を言ってしまえば、この結果さえ手に入れば併願校の合格はあまり意味を持たなくなるのです。

私は、併願校にほとんど落ちましたが、第一志望である東工大には受かりました。

戦績的には負け越しましたが、結果的には勝ちました。

 

結果がすべて。とまでは言いませんが、結果はとても大事です。

これは受験だけでなくあらゆることにおいて言えると思います。

結果にこだわってください。

そして結果を手に入れるための、努力をしましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた次回。

2018年 7月 2日 ライブ授業紹介⑤ 東大英語

森田鉄也先生の【本科東大英語】紹介

 

こんにちは、東京大学文科三類2年の青木と小川です。

私達からは、森田鉄也先生の[本科東大英語]について紹介させていただきます。

 

まず青木から紹介します。

この授業は基本的に演習形式です。先生が作ってくださった東大レベルの問題(リスニングも含む)を解き、直後に解説を聞くという流れです。

この授業で特によかったと思うのは、英作文です。先生は生徒が解いた英作文をその場で添削し、生徒の答案をもとにニーズにあった解説をしてくださいます。

英語の得意不得意に関わらず、英作文でミスが多い、時間がかかるなどの悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

それは和訳や読解問題と違い、英作文が「知っている」ことでだけなく「書ける」ことを問う問題である点が大きいと思います。「知っている」「書ける」には大きな隔たりがあります。

書けるようになるには書く練習をするしかありません。先生は解説で、間違えやすい表現や使いやすい表現を教えてくれます。私はそれをノートに書き留めて復習していました(←「知っている」状態にする)。

そして、次の授業の前に確認して授業内の演習時に使う、演習後に問題を解き直す時に使うなどして、なんどもアウトプットを重ねていました(←「書ける」状態にする)。

授業では、絵や写真を説明するもの、手紙の続きを書くもの、質問に答えるものなど様々な問題が出されるので近年の出題傾向の変化に動じない真の「英作力」がつけられると思います。

5月の段階から英作を書くというアウトプットが訓練できるのは高卒生にとって大きな強みだと思います。それは、現役生は高卒生よりもインプットに大きく時間を取られるためです。

この授業は英作文の基本的な解き方から細かい表現まで網羅できる数少ない授業だと思います。

授業の題材と先生の解説を駆使して英作文を自分の味方につけてください。

 

次に小川から紹介します。

青木先生がこの授業について書いてくれた際には、英作文演習の有用性などに重点が置かれていたかと思うので、僕からはこの授業の活用の仕方について、1つ意見を書いていきます。

そもそも東大英語って、何が難しいんでしょうか。

他の大学と比べた場合、文章のレベルが高いかというとそうとは限りません。

東大側で、原文の難単語を易しい表現に変えてくれている年もあります。

総体で見れば、読解そのものの難易度は特筆するほど高くない

ではなにが受験生を苦しめるか。それは、問題量に対しての回答時間の短さが大きいでしょう。

さて、これを前提に何が言いたいか。

この授業は、このタイムマネジメント能力を高める場として非常に有用であるということです。

さて、ではそもそも、タイムマネジメント能力とは何か。

これに関しては、

「自分の読解能力の正確な把握を前提に、問題の難易度・所要時間を判断する能力」と言えるのではないでしょうか。

では、この能力はいかにして伸ばすことができるか。

例えば、こんな方法が有効かもしれません。

未知の問題に本番さながらの緊張感で向き合う経験を積む。そして、その演習において、問題の難易度をどう認識し、どれだけの時間をかけるべきだと考えたのか、それがどの程度妥当だったのかを確認する。そして、時間を置いて改めてその問題を解き直す。限られた時間内に解き切る経験を蓄積する。

さて、一例を紹介したところで話を授業に戻します。

この授業では、リスニングを含め、要約・文法・英作文・長文読解など、東大の出題形式・傾向に即した形で、多様な角度から受講者の英語の実力を問うてきます。大学受験のみならず、TOEIC等数々の英語試験に精通した森田先生は生徒の弱点・出題者側の心理を熟知しており、出題される問題は非常に練られたものです。そして英作文の厳しい添削に見られるように、授業で要求されるレベルは高い。それゆえに生徒の「常識」のレベルが上昇し、日々の学習への意欲や学習そのものの質が向上していく様は、担任助手として生徒のコーチングをしていて驚かされるばかりです。そして、この高品質な演習の場を定期的に体験できる、というのは貴重です。

上記の能力養成サイクルを回す上で、この授業は一つの軸に据えることができるでしょう。

生徒の皆さんは、毎回この授業に対して、

・読解における思考プロセス/方法論

・英作文

・全体のタイムマネジメント

この3点について毎回自分で課題を設定し、改善に向けて実験を繰り返す場として利用することをお勧めします。(抽象度の不均一さには目をつぶってください…)

先生の指摘は厳しいながらも的確であり、問題点の明確化が難しい語学という分野において、欠点の鮮明化を助けてくれます。授業で顕在化した問題点を改善するためにどうしなければいけないか、毎回目的意識を持ち、日々研鑽を続けましょう。

「利用」できれば確実に成長につながる授業です。自分のために、授業への向き合い方をカスタマイズしましょう。

受け身の姿勢では、得られるものも得られません。

受験まで、このことはあらゆる面において当てはまります。「能動性」は一つのキーワードとして、どうか心に留めおいてください。

 

少しでもこの記事が助けになれば幸いです。

 

青木・小川

 

2018年 6月 30日 ライブ授業紹介④ 早慶英語

武藤一也先生の【本科早慶英語】紹介

 

こんにちは。早稲田大学法学部1年の下崎と慶應義塾大学経済学部2年の長谷川です。

私達から、武藤一也先生の【早慶英語】について紹介します。

 

まず私(下崎)から紹介します。早慶英語では、主に読解を中心に行います。日東駒専レベルから始まり、明青立法中レベル、そして早慶上理レベルまで演習を積み重ねていきます。そのため、基礎力をしっかりとつけることができます。さらに、英語の文章の正しい読み方、考え方、解き方を武藤先生が教えてくださるため、英語が苦手な方はもちろん、英語が得意な方でも毎回多くのことを学ぶことができます。

毎回の授業はテスト形式になっており制限時間が設けられるため、入試本番と同様の緊張感をもって問題に取り組むことになります。試験問題を解く上で必要な要素である、時間配分や初見の問題への対応力を身につけることができます。

また、授業の最初に例文テストが行われたり、読解の前に文法問題を解いたりするので文法・構文事項の確認もできます。その上、文章中に出てくる単語の解説もしてくださるため、単語の復習・早慶で頻出な単語の把握もできます。授業で扱った文章の音声ダウンロードも可能なため、復習もしやすくなっています。

私自身、この早慶英語の授業で学んだ読解方法で志望校に合格することができました。早慶を志望する人には是非受けてもらいたい授業です。

 

次に長谷川から紹介します。早慶英語の授業では、1回の授業につき2本の長文を取り扱います。1本は予習して授業に臨み、もう1本は授業内で読解し、直後に武藤先生の解説を受ける形を取っています。

長文は明青立法中~早慶レベルまでを扱いますが、武藤先生は問題に関わる部分だけでなく、全文を読み解いていき、難解な部分は構文、文法まで丁寧に解説して下さるのであいまいな部分が残ることはありません。

加えて、長文を読み解く際に重要な、大枠の理解、指示語、対比構造の把握、さらに各問題を解く際の着眼点まで解説が行われ、長文問題の得点力を偏りなく伸ばせる授業となっています。

さらに、テキストには各長文の前に重要文法、定型表現をまとめた例文リストがあり、それをもとに先程紹介した例文テストを行います。しっかり身につければ、英作文問題での文法ミスを防ぐだけでなく、正しい知識に基づいた英語の“勘”が身に付きます。文法問題で、間違っている部分に対して即座に違和感を覚える、等、様々な場面で得点に結びつく力です。

具体的な活用法として、私が行っていたのは以下の通りです。

予習では、「分からない部分を明確にしておく」これに尽きると思います。英語長文の学習全体について言えることですが、読解の際に、自分が理解できなかった部分、例えば、「この文の構造が分からず、正しく訳せなかったor理解できなかった。」、「この問題を解答する際、対応する箇所が分からなかった。」、「主語の移り変わりが多く、何について書かれているかを途中で見失ってしまった。」などを明確にし、解説を受ける、読む。

復習では、そういった部分、加えて誤読や勘違いをしていた部分、分からなかった単語、文法事項などを重点的に復習し、自分のものになるまで何度も復習し、次に似たような文や問題に出会った時には確実に正解できるようにする。

そして最後に、理解したものが定着しているか、忘れていないか、短い時間で良いので定期的に復習を行い、定着度を高める

ここまでやって初めて、入試本番での得点に結びつく力、が身に付くと認識してほしいと思います。皆さんが日々勉強している最大の目的は、第一志望校合格だと思います。そのためには、試験本番で合格点を取ることが必要です。模試などで目標とする点数が取れているからといって、合格できるとは限りません。

 

ここ数年で早慶や明青立法中の合格難易度は上がっています。

目的意識を持って、自分に足りない部分を分析し、試験本番で合格点を取るために何をすべきか、考えながら1日1日を積み重ねることが大切です。

ライブ授業はもちろん、新宿本科で使えるコンテンツを上手く利用して、意味のある学習を積み重ねていきましょう。

本日はここまでです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 下崎・長谷川

 

2018年 6月 28日 ライブ授業紹介③ 医学部英語

慎一之先生の[医学部英語]紹介

 

こんにちは。千葉大学医学部1年の海邉です。医学部と聞くと医学の勉強をガンガンやっているイメージかもしれませんが、1年目は教養科目、理系科目で言えば統計や力学、化学(特に有機分野)など、受験勉強の延長線の勉強をしています。浪人で勉強を真剣にやっていると大学での試験の大変さも緩和されるのではないかと感じています。僕は医学ゴルフ部に所属しているので空いた時間をゴルフに充てることができています(笑)

 

さて、今回は慎先生の『医学部英語』について紹介したいと思います。医学部の試験を受けてみて僕が大切だと感じたことは、苦手を作らないことです。医学部ではよく長文問題が出題されますが、特に私立では文法や英作文も同様によく出題されるのです。例えば順天堂大学医学部の入試問題、毎年3,4個の長文に加え最後の大問では自由英作文問題で、与えられたテーマについて論理的に文章を構成し、書けるだけ書けという問いが出題されます。また、今年こそ長文の出題が増えましたが、東京慈恵会医科大学の入試問題は半分以上が文法問題を出題するという傾向が見られています。

僕は英語に対して苦手意識はあまりありませんでしたが、現役の時の成績を見つめなおすと、英作文で得点が取り切れていないことが分かりました。

慎先生の授業で最も印象に残っていることは、授業ごとに毎回英作文の課題を提出し添削をしていただいたことです。ただ見てもらえば良いだけでないことは承知していますが、英語を専門にしている人でないとコロケーション(この単語はこの動詞との相性が良いなどということ)について知識がないので、非常に助かりました。また、一般の参考書などは長文編、文法編etcなどと分かれていますが、慎先生のテキストは医学部の過去問で出題の多い文法、長文、和訳、英作を選んで構成されているのですべての分野をヌケなく勉強できます。

さて、今回は東進ハイスクール新宿本科の医学部英語について簡単に紹介しましたがいかがでしたでしょうか?慎先生には受験勉強の他に英検の添削などもしていただき、浪人中に準1級に合格することができたりと、非常にお世話になりました!皆さんにも是非もっとこの授業について知っていただけたらなと思います!!

読んでいただきありがとうございました。

2018年 6月 26日 ライブ授業紹介② 医系論文

石関直子先生の[医系論文]紹介

こんにちは。千葉大学医学部1年の海邉です。

今回は東進ハイスクール新宿本科の『医系論文』と小論文対策について書きたいと思います。

 

医学部受験では、必ずと言っていいほど小論文と面接の試験が課されます。多くの大学ではまず1次学力試験を突破してから面接、小論文試験に臨むことになるわけですが、順天堂大学医学部など、1次学力試験で同時に小論文を書かせる大学もあります。面接や小論文は、確かに優先順位が学力試験科目より低いかもしれません。しかし、面接や小論文を重視する大学も少なからずあるということを知っておくべきだと思います。

医系論文では、石関先生が医学部の過去問やオリジナル問題から、医学的に大切な内容の問題、特殊な形式の問題を選んでテキストを構成しています。また、小論文で出てきた医学の内容を深く考察できるように、新聞記事や本の関連部分をプリントにして配ってくれるので直前期に慌てて論文の参考書を読んだりすることなく小論文試験に臨むことができます。

加えて、後期からは面接対策を行います。1対1の面接やディスカッション形式の面接など様々な形式で練習をします。僕は最初、なかなか自分の考えを正確に伝えることができませんでしたが、面接後に先生から直接アドバイスをいただいて修正した結果、本番の試験では面接で困ることなく試験に通ることができました!

新宿本科のライブ授業は通年なので、途中から受講することはできませんが、医学部志望の方は是非石関先生の医学系論文対策授業を受けてみて下さい!

最後に、僕が医学部受験をするときにモチベーションとなった文章を紹介させていただきます。元金沢大学附属病院長の河崎一夫先生が2002年4月18日に朝日新聞の記事に寄稿なさったものです。以下、引用させていただきます。

◆医学生へ [医学を選んだ君に問う]

(記事内容)

「医師を目指す君にまず問う。高校時代にどの教科が好きだったか?物理学に魅せられたかもしれない。しかし医学が大好きだったことはあり得ない。日本国中で医学を教える高校はないからだ。

 高校時代に物理学または英語が大好きだったら、なぜ理学部物理学科や文学部英文学科に進学しなかったのか?物理学に魅せられたのなら、物理学科での授業は面白いに違いない。

 君自身が医学を好むか嫌いかを度外視して、医学を専攻した事実を受容せねばならない。結論を急ぐ。授業が面白くないと言って、授業をサボることは許されない。医学が君にとって面白いか否か全く分からないのに、別の理由(動機)で医学を選んだのは君自身の責任である。

 次に君に問う。人前で堂々と医学を選んだ理由を言えるか?万一『将来、経済的に社会的に恵まれそう』以外の本音の理由が想起できないなら、君はダンテの【神曲】を読破せねばならない。それが出来ないなら早々に転学すべきである。

 さらに問う。奉仕と犠牲の精神はあるか?医師の仕事はテレビドラマのような格好のいいものではない。重症患者のために連夜の泊まりこみ、急患のため休日の予定の突然お取り消しなど日常茶飯事だ。死にいたる病に泣く患者の心に君は添えるか?

 君に強く求める。医師の知識不足は許されない。知識不足のまま医師になると、罪のない患者を死なす。知らない病名の診断は不可能だ。知らない治療を出来るはずがない。そして自責の念がないままに『あらゆる手を尽くしましたが、残念でした』と言って恥じない。

 こんな医師になりたくないなら、『よく学び、よく遊び』は許されない。医学生は『よく学び、よく学び』しかないと覚悟せねばならない。

 医師国家試験の不合格者はどの医学校にもいる。全員が合格してもおかしくない医師国家試験に1,2割が落ちるのは、医師という職業の重い責任の認識の欠落による。君自身や君の最愛の人が重病に陥った時に、勉強不足の医師にその命を任せられるか?医師には知らざるは許されない。医師になることは、身震いするほど怖いことだ。

 最後に君に願う。医師の歓びは二つある。その1は自分の医療によって健康を回復した患者の歓びがすなわち医師の歓びである。その2は世のため人のために役立つ医学的発見の歓びである。

 今後君が懸命に心技の修養に努め、仏のごとき慈悲心と神のごとき技を兼備する立派な医師に成長したとしよう。君の神業の恩恵を受けうる患者は何人に達するか?1人の診療に10分の時間を掛けるとしよう。1日10時間、1年300日、一生50年間働くとすれば延べ90万人の患者を診られる。多いと思うかもしれない。だが日本の人口の1%未満、世界の人口の中では無視し得るほど少ない。

 インスリン発見前には糖尿病昏睡の患者を前にして医師たちは為すすべがなかった。しかしバンチングとベストがインスリンを発見して以来、インスリンは彼らが見たこともない世界中の何億人もの糖尿病患者を救い,今後も救い続ける。

 その1の歓びは医師として当然の心構えである。これのみで満足せず、その2の歓びもぜひ体験したいという強い意志を培って欲しい。心の真の平安をもたらすのは、富でも名声でも地位でもなく、人のため世のために役立つ何事かを成し遂げたと思える時なのだ」