3月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿校 大学受験本科|東京都

ブログ 2018年03月の記事一覧

2018年 3月 25日 モチベーションの維持について

こんにちは。担任助手の青木です。

 

私からはモチベーションの維持方法についてお話しさせていただきます。

 

私は受験期、特にモチベーション維持に困ったことはありませんでした。

 

ただ受験生、とりわけ浪人生がモチベーションの維持に悩んでいるのは列記とした事実です。そこで、私がどうしてモチベーションを気にせず勉強に打ち込めたのか、考えてみました。

 

答えは、浪人する時にしっかり覚悟を決めたことと、現実を見続けたことです。

 

モチベーションを失うのは「努力が成績にうまく反映されず、努力の意味がわからなくなる」パターンと「一定の成績が取れていて必死に勉強しなくても受かる気がする」パターンの二種類に分かれると思います。

 

どちらもパターンにも共通しているのは、現実を見きれていないということです。

 

努力すれば成績が伸びるという論理関係は必ずしも成り立つわけではありません。英単語を覚えるまで書き続ければ英語の成績が上がり続けることなどないです。大切なのは成績を伸ばす最適の努力をすることです。

 

また、どんなに学力が高い人にも必ず学力の穴はあります。むしろ学力が高ければ高いほど、学力の穴が小さくなる一方、そのぶん自分に足りていない部分が明確化されるはずです。さらに、小さな穴を埋めることはピンポイントで適切な対策を講じなければいけないぶん難しいことです。

 

また合格する確証は誰にもありません。

 

つまりどんなレベルの人でも、学力の現実を見て、自分を分析し続け、適切な努力をし続けなければいけないはずです。自分の弱点を見続けることは嫌なことではありますが、浪人の一年間は自分の弱点と向き合い改善してくという覚悟をもって挑むことが大切だと思います。

 

新宿本科では毎回の模試ごとに行う担任との個人面談や毎週行う担任助手とのグループ面談を通して、生徒の学力の穴にあった適切な学習方法をアドバイスし、時に軌道修正するという丁寧な指導を行なっています。

 

少しでもこの記事がみなさんのお力になれば幸いです。

2018年 3月 24日 ライブ授業と映像授業の組み合わせ

こんにちは。担任助手の青木です。

 

3月下旬となり、多くの方が進学か浪人か次のステップに向けて進み出していると思います。私からは、新宿本科の特徴の一つとも言える、「ライブ授業と映像授業の組み合わせ」についてお話ししたいと思います。

 

新宿本科では、志望校別のクラスに分かれ、講師の先生を目の前にして行うライブ授業と、東進の現役生用の校舎と同様の映像授業の二種類を実施しています。

 

ライブ授業は志望校や文理別で科目数やレベルは様々です。が、どのクラスも講師の先生が生徒の学力を把握しながら、志望校レベルの演習を4・5月の段階から行います。そうすることで、生徒は受験の序盤から合格に必要な最終的なレベルを知り、そのレベルと比べて自分に何が不足して入るのか分析しやすくなるのです。

 

例えば森田先生の東大英語を受講していましたが、そこでは東大形式の演習(要約、英作文、リスニング、段落整序など)を毎週行い、英作文は講師の先生に添削をしてもらうことができました。

 

一方、映像授業は、入塾時に受けてもらう診断テストや各月に行う模試の成績をもとに、本人の科目ごとのレベルに合わせて担任と面談しながら選び受講することができます。

 

例えば私の場合、苦手な数学は「数学ぐんぐん基礎編」から、普通の英語は「東大英語」から受講していました。

 

志望校合格レベルに一年という短い期間で到達できるように、ライブ授業は志望校レベル、映像授業は基礎レベルから行うことで、合格から逆算しながら基礎レベルと志望校レベルを効率よく同時に仕上げていくことができます。

 

受験勉強に一つの正解はありません。合格に必要な勉強も志望校合格までの距離も人それぞれです。新宿校大学受験本科では、ライブ授業と映像授業を組み合わせることで、様々な生徒を合格へそれぞれの最短距離で導けるよう全力でサポートしています。

 

浪人の一年間が人生の躍進の第一歩となるように応援しています。この記事が皆さんにとって少しでも参考になれば幸いです。

2018年 3月 21日 モチベーションの保ち方

こんにちは。

担任助手2年の藤澤です。

 

3月も下旬に入り、4月からの新しい生活に向けて各々気持ちを新たにしている時期ではないでしょうか。

しかし、4月から浪人する皆さんの中には「果たして今のやる気を1年間持続できるのだろうか」と不安を感じている方も少なくないと思います。

今回はそのような方々に向けて、1年間浪人する上でどのように私がモチベーションを維持していたかについて話させていただきます。

 

 

はっきり言って浪人生活は退屈です。

部活や行事、長期休暇のあった高校生活と異なり生活リズムは年間通じてまず変わりませんし、やるべき事は(言い方が悪くなってしまいますが…)ただ受かるための勉強をするだけ。

とにかく変化・刺激が少なくなりがちです。

そこで私は浪人期に、勉強面での変化・刺激を自分から積極的に作っていました。

 

具体的には分析・校舎のライバル・現役合格した知り合いの話などです。

 

まず分析です。

 

分析にも色々なレベルがありますが、ここでは特に模試の分析ですね。

私は模試の解き直しのみならず、各科目の勉強内容も模試で見つけた苦手分野に少し寄せるようにし、模試を受ける毎に勉強に少し変化を加えていました。

 

次に校舎のライバルです。

 

例えば、私は数学に自信があったので一斉授業中の問題演習時には「誰よりも早く正解を出すぞ」と意気込んでおり、毎週の授業がライバルとの競い合いでした。

他にも、グループミーティングのメンバー間で定期的に様々な科目の問題を持ち寄り、問題演習や教え合いをしていました。

こうしたライバルの存在により、私が校舎内で刺激を得る機会は非常に多かったです。

 

さらに、時には現役合格した高校同期に会い、大学の話を聞きました。

特に第二外国語や大学範囲の数学・物理の話を聞くことで大学の勉強に興味を持つとともに、現役合格者に自分が遅れをとっている事を実感し、「絶対来年合格するぞ」という気持ちをより強くできました。

 

 

今は皆さんやる気に満ち溢れている時期だと思います。モチベーションのあるうちは進めるだけ進んで下さい。

そしていざモチベーションが無くなってしまった時に、こちらの記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

担任助手2年 藤澤

2018年 3月 20日 モチベーション維持の方法

こんにちは。東京工業大学2年の後岡です。

今回は、私が浪人時代に実践していたモチベーション維持の方法を紹介します。

 

 

一つは、落ちたらヤバイ、と思うことです。

 

浪人は、約一年間という期間を志望校合格に費やします。

その間、家族や友達、様々な人が、たとえ目に見えなくても、心配し期待してくれています。

志望校合格というのは自分のためですが、自分以外の人もそれを願っています。

その願いを、万が一、裏切ってしまったら、、、

ということを考えると、いやでもやる気が出ると思います(笑)。

 

 

もう一つは、合格する自分を思い描くことです。

 

私の場合、掲示板の前でガッツポーズをする自分を、常に想像していました。

その想像を現実にするために、今できることを精いっぱいやる、そう思えるはずです。

 

 

他にもモチベーションを維持する方法はたくさんあると思います。

みなさんも、自分に合った方法を探してみてください。

その方法は、浪人に限らず、今後の人生で役立つと思います。

 

それではまた次回。

2018年 3月 19日 私が東進新宿校を選んだ理由

こんにちは!

 

4月から東京農工大学農学部の3年生になる担任助手2年の大下裕太郎です。

 

現役生・浪人生を問わず、受験お疲れ様でした。大学受験の合否に関わらず、今の時期は来年度に向けての準備期間ですね。

 

浪人を決意された方は来年度の受験に向けて、どのような環境で学習を進めるかを決定する非常に重要な時期です。私もちょうどこの時期に浪人を決意し、この校舎への入学を決めました。

 

個人的な話にはなりますが、私が浪人を決意した後に東進ハイスクール新宿校を選んだ理由を話したいと思います。

 

 

浪人を決意し、いざ予備校探し!となったものの、自分の実力に合う予備校が見つかるのか…という不安はかなり大きかったです。

 

センター英語100以下、次年度の受験で使用する数Ⅲ、化学は未習という状況で基礎固めの段階から丁寧且つ自分のペースで行える予備校を見つけなければなりませんでした。

様々な予備校の説明会に参加したところ、個人の実力に合わせて提供される映像授業や効率よく基礎固めができる高速基礎マスター等の東進ハイスクール独自のコンテンツに惹かれ、新宿校への入学を決めました。

 

また、説明会の内容が最も分かりやすく、一番生徒のことを考えている予備校だという印象を受けたことも、この校舎への入学を決意した大きな要因です。

 

校舎の先生方の手厚い指導と完成度の高い授業のお蔭で無事、志望校に合格することができました。

 

 

現在、予備校探しをしている皆さんには、

 

・その予備校が生徒のことをどれぐらい考えているか?

・学習カリキュラムが自分の学習スタイルや学力状況に合っているか?

 

を特に意識して予備校を選んでいただきたいです。

 

浪人生活は決して楽なものではありませんが、やり切れば必ず有意義な経験として自分の中に残ります。だからこそ、予備校探しは慎重に行うことをお勧め致します。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

担任助手2年 大下裕太郎